美容師とネイリスト

ドライヤー

ネイルアートが一般化し、芸能人や著名人だけでなく、たくさんの人々がネイルを楽しむようになってきました。
そして、ネイルアートの種類も増え、ネイリストもだんだん増えてきました。
ネイリストは美容師とは違い、特別な国家資格はありません。
日本ネイリスト協会などが設けている認定資格などはありますが、ネイリストたる条件は特別に決まっていませんので、好きがこうじてネイルサロンを始めた、仕事を始めた方も多数いらっしゃいます。
では、ネイリストの求人状況は、というと、美容師ほど多くはありませんが、確実に増えてきています。美容室はもちろん、ネイルサロンやネイルショップなどで求人が出されることが一般的です。

また、自宅をネイルサロンにするネイリストもいて、特に主婦から転身される方も多いです。
また、美容師がネイリストを兼任する場合も増えてきています。
美容師がヘア、メイクをすることに加え、ネイルを施すことにより、美容室の仕事内容が増え、お客さまにとっても利便性が圧倒的に高くなります。
実際、美容室で美容師にネイルの勉強をさせるところもあり、技術向上の一環として注目を集めています。
美容師は不足傾向にありますから、求人も絶えず行っておりますし、採用する側にとっても、ネイルのできる美容師は魅力的です。
美容室に勤めたいと考えたら、求人情報を収集しながら、ステップアップの意味でも、新しい技術としてネイルを勉強すると、大変強い味方になります。

おしゃれ求人について

カーラー

おしゃれな求人募集と言うと、美容やファッションそういうイメージを浮かべる人は少なくなくないと思います。
美容師は下積み時代は大変でも、上の方になるとカリスマ美容師と言われるほど、注目を浴びることもあります。
人気の美容師にカットしてもらいたいと予約でいっぱいになることもあり得るでしょう。
それと同様に、ネイルも今やおしゃれに欠かせない一つで、爪にまで気を配っておしゃれするのが、今や普通です。ネイルのお店にはネイリストがいて、ネイリストがお客様の要望を聞いて、施術します。

美容師は比較的、お店もあちこちにあり、店員数も求められるので求人はけっこうあると思います。
洗髪をはじめ、カット、パーマなど、人手も必要あります。
それに比べて、ネイリストはネイリストの仕事だけでは食べていけないのが現状で、1人のお客様につき、大抵ネイリストが一人びっちりに手が取られ、なかなかうまく回転していかないので、求人は出しても、なかなか人が集まりにくいと思いますが、お客様とほぼ1:1での接客となるので、自分1人でも十分にやっていくことができます。
身一つと道具があれば、出張も可能なので、どこでも、ネイルをすることができます。
美容師もネイリストも求人となると、差はありますが、両方おしゃれな求人ということで、国民から支持され、人気の職業となっています。
興味のある方はぜひ、1度、美容師とネイリストの求人を見てみることをおすすめします。

サイト内検索
オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930